薬剤師求人<※中高年・高齢者向け転職エージェント>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 求人探しのFAQ >> 正社員の中高年薬剤師の求人は?

正社員の中高年薬剤師の求人は?

50歳前後の中高年薬剤師の方が、正社員としての転職先を見つける事ができるでしょうか?最近は日本全国で薬剤師不足が問題視されていて、どの職場でも即戦力となる薬剤師の確保に積極的に乗り出しています。そのために、以前よりも雇用条件が良くなっている傾向が見られますし、年齢的なハードルも低くされています。

つまり50歳前後の中高年の薬剤師でも、雇用条件を欲張らなければ正社員雇用の求人を見つける事が可能です。ただし、その絶対数は決して多くはありません。ほとんどは給料ダウンの雇用となりますし、正社員よりはパート・アルバイト雇用の求人の方が多いのは確かです。ですが、インターネットを活用すれば効率的に探すことができるでしょう。薬剤師が在籍する施設やドラッグストアなどの公式サイトの採用ページを定期的にチェックすることをおすすめします。地道にタウン誌などを集めて調べるよりも、希望の職場を見つけられる可能性は高くなります。ハローワークでも中高年も対象となる正社員の薬剤師求人を取り扱っています。

では、中高年の薬剤師が正社員の求人で採用されるにはどうしたら良いでしょうか?それは自分の希望を明確にしておく事です。ただ何となく、この求人は良さそうだと選ぶのはNGです。まず自分がどういった働き方をしたいのか?ドラッグストアなどのOTCがしたいのか、街の薬局の調剤師が良いのか?それとも人生経験を生かしたMRにチャレンジしたいのか?例え職歴の晩年を迎えた職場選びだとしても、何のために転職・就職をするのかをはっきりされておく事で、職場選びが有意義なものに変わってきます。そして、候補を決めたならば求人に応募し、転職の目的・理由をはっきりと面接で伝えましょう。ここで前職場の不満を語るのはマイナスイメージになりますから、今の自分にどんな働き方が必要か?どういった勤務状態で働きたいのか?仕事の内容をどうしたいのか?といった点を論理的に話せるようにしておくと良いでしょう。

また自分が即戦力となる理由もアピールすべきです。これまで培ってきた現場のノウハウを若い薬剤師の方々に伝えたいとか、効率の良い作業方法を役立ててもらいたいといった貢献度を、自分の身の丈に合せてアピールする事ができればメリットになります。ただし、職場では自分が後輩になる事は理解しておきましょう。中高年薬剤師を採用する場合でも、職場では新人扱いになります。人間関係にも十分注意するようにおすすめします。

中高年・高齢者向け!転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料



TOP

中高年薬剤師の求人探しのFAQ

地域別の中高年薬剤師の求人


Copyright (C) 2013-2018 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け転職エージェント>ランキング All Rights Reserved.