薬剤師求人<※中高年・高齢者向け転職エージェント>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 求人探しのFAQ >> 中高年や高齢者薬剤師の自己PRは?

中高年や高齢者薬剤師の自己PRは?

薬剤師も他の医療専門職と同様に、年齢を問わずに高齢まで働ける職業です。その証拠に、調剤併設のドラッグストアなどには70歳以上の方も勤務している場合があります。このケースでは、60歳あたりでいったん退職した薬剤師の方が、再就職の形で働いている事もあるでしょう。つまり薬剤師の業界は、高齢者の転職も十分可能な職業だという事です。そこで中高年や高齢者薬剤師の方の転職を成功させるコツは、それまでに自分が培ってきたノウハウや技術・知識を的確に自己アピールする事です。自分が職場に入る事で職場自体に良い影響を与える実例をアピールできるようにしましょう。

中高年の薬剤師の方は、志望動機についてしっかりとまとめておく様におすすめします。 基本的にこの年齢の志望動機は、スキルアップやキャリアアップのための転職という理由が提示し難くなります。年齢的に将来への夢を語るといった理想論だけでは説得力を持たないため、これまで働いてきた職場を辞める理由と、なぜこの職場を選んだのかの具体的な理由を説明する事で、面接担当者へより好印象を与える事ができるでしょう。効果的な自己PRの方法ですが、効果的なアピールポイントとしては、決して前の職場の批判をしない事です。例えば家庭の事情や職場の労働状態が負担になって、体力面で無理が生じた事を挙げると良いかも知れません。

つまり、もう少しゆとりのある職場環境で働きたいとアピールする内容であれば、あくまでも健康や私生活のために仕方なく退職したのだと理解してもらえるでしょう。それから長年積んできたキャリア・技術力をうまく志望動機に盛り込む事ができます。自分が熟練してきたノウハウを職場に活かして、若い薬剤師の方々へ仕事のノウハウを伝えたいと望んでいる事を自己PRに含めましょう。もちろん横柄な押し売りは禁物ですが、小さな部分での貢献例を挙げるならプラス評価が得られるでしょう。あなたのキャリアが職場に必要だと判断されれば、採用の可能性がぐっと高まります。

そして中高年の転職では、単に労働力の補強ではなく、職場への高影響が得られるかどうかもポイントになります。複数の薬剤師が働く職場であれば、上司ではない中高年薬剤師者を酸化させる事で、職場の雰囲気を和らげる効果を期待する事もあります。特に対面サービスを必要とする場合、年配の薬剤師が穏やかで親身な接客をする事によってお客さんの信頼度も高まりますし、何よりも店舗内の空気が柔らかくなります。そういった点を自己アピールに含め、職場貢献のメリットをアピールするようにしてください。

中高年・高齢者向け!転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料



TOP

中高年薬剤師の求人探しのFAQ

地域別の中高年薬剤師の求人


Copyright (C) 2013-2018 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け転職エージェント>ランキング All Rights Reserved.