薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 求人探しのFAQ >> 製薬会社で働く中高年や高齢者薬剤師とは?

製薬会社で働く中高年や高齢者薬剤師とは?

日本国内の多くの製薬会社は、新薬の特許の失効に対応することに追われているのが現状です。さらにジェネリック医薬品と呼ばれる、後発医薬品により売り上げが減少しています。さらにアメリカ製薬会社のファイザーなど、外資系企業との競争も熾烈さも増しています。また2013年6月26日には厚生労働省が、IPS細胞を使っての臨床研究を承認するなど激動の年を迎えています。

国内の日本の製薬会社も外資系製薬会社も、近年は積極的に新薬開発を行ってきました。そしてその結果として多くの新薬が、各製薬会社から発売され売り上げを伸びしています。その背景にはこれまで日本では治験や新薬承認に掛かる時間があまりに長く、他の国で承認された新薬を使えなかったドラッグラグの問題が解消されたことが挙げられます。

そのためこれまでは国内の製薬会社は、外資系製薬会社を後追いしている状態でした。しかし国内の製薬会社も現在では新薬の世界同時承認や、世界同時発売の可能性も出てきました。さらにこれまでの薬価改定では2年ごとに、ほぼ全ての新薬の薬価が下がっていました。しかし新薬創出加算が導入され、薬価改定時でも医薬品の価格が維持できるようになりました。

そして製薬会社の将来の行方を握るともいわれているのがIPS細胞で、世界で初めてiPS細胞を用いた臨床研究が承認されました。今回承認を受けたのは高齢者の方に多い、滲出型加齢黄斑変性という目の病気です。IPS細胞といえばこれまではがん化のリスクが議論されてきましたが、今回の治験でもIPS細胞が持つ可能性と同時にがん化のリスクも焦点のひとつになっています。

このように製薬会社を取り巻く環境や状況も大きな変化の時期を迎えていますが、製薬会社で働いている薬剤師としては新薬の開発職や研究職がいます。さらにDIと呼ばれるドラッグインフォメーションの業務を行う薬剤師や、工場で医薬品の品質管理を行う薬剤師といます。新薬の開発職や研究職は基本的に博士で新卒採用で、募集もほとんどありません。

中高年や高齢者薬剤師の製薬会社の求人としては、各支店や営業所での管理薬剤師の仕事になります。もし製薬会社の求人を探されるのであれば、リクナビ薬剤師などの転職エージェントがおすすめです。特にリクナビ薬剤師はリクルートが運営する薬剤師専門の転職エージェントで、製薬会社の求人情報もとても豊富です。

中高年・高齢者向けの薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料




Copyright (C) 2013-2017 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング All Rights Reserved.