薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 求人探しのFAQ >> 中高年や高齢者薬剤師の志望動機は?

中高年や高齢者薬剤師の志望動機は?

薬剤師は年齢を問わず働き続けられる職業ですが、やはり年齢を重ねれば重ねるほど転職の際に不利になります。中高年や高齢者薬剤師が転職を目指す場合には年齢がもたらすハードルをクリアしつつ、自分の長所をいかにうまくアピールできるかがポイントとなります。

では中高年や高齢者薬剤師の転職の志望動機はどのような内容にすればよいのでしょうか。志望動機に関しては本人の事情とは別に年齢に合わせた内容が求められます。たとえば将来性がある20代・30代の場合はよりやりがいのある職場、スキルアップに役立てられる職場を求めた、といった前向きな内容が求められます。40代では自分の能力を活かせる職場を求めたといった内容が一般的です。しかし40代後半の中高年に達するとそうした理由ではアピールできなくなってしまいます。年齢的にも将来性はあまり期待できませんから、前向きな理由だけでは説得力がなくなってしまいます。どうして前の職場を辞めて転職を目指したのか、採用担当者が納得できる内容が求められるのです。

この点を踏まえたうえで中高年や高齢者薬剤師の転職の志望動機を見ていきましょう。ポイントとしては生活環境や体力面の問題をさりげなく盛り込むこと。体力的な面や家庭の問題で前の職場で働き続けるのが難しくなった、あるいはもう少しゆとりのある環境で働きたいといった内容がまず挙げられます。つまり前の職場の待遇に不満があったわけではなく、仕方なく退職した面をアピールするわけです。もちろん、この場合には転職を目指す職場なら家庭や体力面の問題を抱えることなく働き続けられることもアピールしておきます。

また、これまでのキャリアをうまく志望動機の中に盛り込んでいく工夫も必要でしょう。たとえば培ってきたキャリアを若い世代の薬剤師に伝えたい、キャリアを重ねてきたからこそ役立てられるものがあると感じた、などです。自分の将来性ではなく職場の将来性に転職を役立てたい点をアピールすると効果的でしょう。

中高年や高齢者薬剤師の転職の志望動機では意欲はもちろんのこと、転職先でどれだけ役立とうという意志があるか、長く働くことができるかを具体的な示すことが重要になってきます。そしてそれをできるだけ自分の言葉で、薬剤師としてのキャリアや誇りを感じさせる言葉で表現していくことが求められるでしょう。マニュアルどおりの内容ではなく、自分の実感をこめて志望動機を作成していきましょう。その内容から深い人間性や人生経験を伝えることができれば最高です。

中高年・高齢者向けの薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料




Copyright (C) 2013-2017 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング All Rights Reserved.