薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 求人探しのFAQ >> 中高年や高齢者薬剤師の管理薬剤師は?

中高年や高齢者薬剤師の管理薬剤師は?

中高年や高齢者薬剤師の求人であれば、管理薬剤師がねらい目です。薬局の経営は素人でもできますが薬事法で経営者やお店のオーナーは、必ず薬剤師をひとり管理薬剤師として配置することが義務付けられています。そのためチェーン展開を行っているドラックストアなどは、各店舗の管理薬剤師の確保に必死です。特に薬科が4年制から6年制になり、新卒の薬剤師がいなくなった時期などはかなり深刻でした。

今は6年制の薬剤師も2期目になり多少は解消されましたが、管理薬剤師の需要は以前として高いのが現状です。管理薬剤師は調剤薬局やドラックストアの管理監督の義務があり、経営者と同等かそれ以上の責任が法的にもあります。管理者の義務ですが具体的には管理義務としては、医薬品を他の薬品と区別して貯蔵し又は陳列しなければいけません。また薬局管理に関する事項を、薬局管理帳簿に記載しなければいけません。ただ記載するのは管理薬剤師の義務ですが、帳簿を3年間保存するのは薬局開設者の義務です。

この他にも管理薬剤師の業務として、従業員の監督があります。これは管理薬剤師でない薬剤師や他のスタッフが、接客や医薬品の情報提供や薬事法を遵守しているかなどの監督を行う義務があります。さらに薬学の専門的な知識が必要な場合や、他のスタッフが対応できない場合などは管理薬剤師が行う責任があります。

またドラックストアであれば店舗内の医薬品と医薬部外品や化粧品などを、区別して適正に管理することが求められています。また店舗や店内でのこれらの医薬品と医薬部外品や化粧品などの区別・貯蔵・陳列の他にも、医薬品等が不良品とならないように遮光したり冷所など適正な保管の確保なども管理薬剤師の業務のひとつです。

さらに医薬品や他の商品の有効期限切れをチェックしたり、不正表示や不良品がないかなどを調べます。また医薬品の購入者からの相談や、時には副作用などの苦情の対応も行います。もし一般用医薬品で対応できないと判断した場合には、病院などの医療機関への受診を勧めるのも管理薬剤師の大事な仕事です。

管理薬剤師は何かあれば経営者にも意見を具申をしなければならない存在で、責任もありますがやりがいがある仕事です。管理薬剤師は薬剤師の資格を持っていれば誰でも行えますが、薬剤師としても経験が豊かな中高年や高齢者の薬剤師の需要は高いです。管理薬剤師に興味がある方は薬剤師の求人を専門に行っている、リクナビ薬剤師などの転職エージェントがおすすめです。

中高年・高齢者向けの薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料




Copyright (C) 2013-2017 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング All Rights Reserved.