薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 求人探しのFAQ >> 中高年薬剤師の面接対策は?

中高年薬剤師の面接対策は?

近年は中高年の転職も珍しいことではなくて、中高年薬剤師の中にも転職を考える人は少なくありません。ただ中高年薬剤師が転職する場合には、20代や30代で転職するケースと比較してハードルが高くなってしまうことが多いので、自身の能力をしっかりとプレゼンテーションできる準備をしておく必要があります。特に大事なポイントになるのが面接で、それは若い世代でも中高年であっても変わりないことですが、採用する側の見方は中高年の方がより厳しい判断がされます。その点を考えると面接対策は欠かせませんし、リハーサルを怠らないように心がけることも大事です。

中高年薬剤師の面接対策としては、良く聞かれる質問に対して事前に答えを用意しておくことです。面接で必ずと行って良い程聞かれる質問は、ミスマッチングの防止とプレゼンテーション能力を確認するための志望動機です。このような理由で質問されるので、志望動機の答えとしては応募動機と企業の採用ニーズが共通している部分をアピールすることがポイントになってきます。また、抽象的な話ではプレゼンテーション能力が低いと判断されるので、できる限りイメージしやすいように具体的な内容を盛り込んで伝えることがポイントです。

面接時の自己PRは採用判断を左右する重要な要素になるので、中高年薬剤師の面接対策としては効果的な自己PRをいかに工夫するかが大事です。中高年薬剤師にとって最大のアピールポイントであり武器となるのが豊富な経験やキャリアなので、今までの経験やスキルをまとめて伝えると良いです。しかし、単に調剤薬局勤務の長さだけを伝えても採用担当者に対するアピールになりませんし、得意分野をアピールする単純な内容では採用担当者は難しい判断をする可能性があります。効果的な自己PRにするポイントは、豊富な経験やキャリアが採用者側の求める内容と合致していることをアピールすることです。

その為に必要になってくるのが面接を受ける相手の様々な情報を入手して分析することです。例えば調剤薬局やドラッグストアの場合なら、これまでの会社の業績や経営方針・経営目標、トップの理念などを入手して分析しておくと良いです。今ではほとんどの会社でホームページを開設しているので、それらの情報は比較的楽に入手できます。そうすることで採用者側が求める人材像が理解できて、どのような経験やキャリアをアピールすると良いのかが分かってきます。中高年薬剤師の転職は難しいと考えられますが、しっかりとした面接対策と心がけで臨むことで転職成功の確率をアップすることができます。

中高年・高齢者向けの薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料




Copyright (C) 2013-2017 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング All Rights Reserved.