薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 求人探しのFAQ >> 高年収の中高年薬剤師の求人は?

高年収の中高年薬剤師の求人は?

近年は50代〜60代の中高年薬剤師でも転職することが可能で、調剤薬局・OTC販売・病院薬剤師などの職種で求人があります。ただ比較的薬剤師が充足されている都市部では中高年薬剤師の求人は少なくて、薬剤師が不足している地方は多くの調剤薬局・病院・ドラッグストアで未経験者歓迎・年齢不問の求人が出されています。このような状況なので地方へのIターンやUターンという形で転職することは、中高年薬剤師の転職方法のひとつとして検討してみる価値はあると考えられます。

そこで転職するのならできる限り高年収の中高年薬剤師の求人に応募したいと考える方も少なくないです。一般的に薬剤師の生涯年収が高いのは、ドラッグストア・調剤薬局・病院の順になっていると言われていますし、企業の場合は勤務先によって高収入が得られる可能性があります。この点を参考にするとドラッグストアが高年収の中高年薬剤師の求人になる可能性が高いと考えられます。しかし現実的には中高年薬剤師が転職した場合の年収は、新卒薬剤師と同じくらいか中堅クラス以下になる場合が多くて、期待できる高年収の中高年薬剤師の求人は少ない傾向にあります。

ただ薬剤師としての仕事だけでなくてプラスαの仕事を熟すことができる人材であれば、中高年薬剤師であっても高収入で転職できる可能性はあります。その理由は、収入というのは仕事内容の対価として支払われているからで、高収入で転職するためにはそれに値するプラスαが重要になってくるからです。そのプラスαに値すると考えられることは、調剤薬局や病院で管理職経験が長い中高年薬剤師などです。このような中高年薬剤師なら調剤薬局やドラッグストアの新規立ち上げに際して管理薬剤師として高収入で雇用される可能性があります。また既存店舗や病院薬剤部における管理職として高収入で雇用されることも考えられます。

このように高年収の中高年薬剤師の求人を望むのなら、調剤薬局など転職先の会社に対して大きな利益をもたらす人材であることが大事なポイントになるのです。そのような人材であれば中高年薬剤師であっても、転職先の会社としては高収入を提示してくれる可能性が高いと考えられます。単に薬剤師としての経験が長いといった理由や年齢が高いという理由では、高年収を提示する求人に巡り合うことは難しいと理解しておく必要があります。高年収の中高年薬剤師の求人を探すのなら、自身の高年収に値するものを見つけておくことが大事です。

中高年・高齢者向けの薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料




Copyright (C) 2013-2017 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング All Rights Reserved.