薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 求人探しのFAQ >> 60歳以上の薬剤師求人の見つけ方は?

60歳以上の薬剤師求人の見つけ方は?

昔は会社の定年も60歳で会社を定年すると自分な好きなことや、趣味をするのが楽しみだという方がほとんどでした。しかし2013年4月に法が改正されすべての会社や企業は定年を65歳まで引き上げるか、再契約を結び65歳まで雇用することが義務付けられました。これによりすべての方が、65歳まで働けるようになりました。しかしその背景には政府の財政難で年金の支給年齢を、引き上げざるを得なかったことが挙げられます。

ただ今の60代は見た目も若く元気な方が多いので、働く場さえあればまだまだ引退するような年齢ではありません。では60歳以上の薬剤師の方が、求人を見つけるにはどのようにすればいいのでしょうか。求人の見つけ方にもいくつか考えられますが、1番おすすなのはやはり転職エージェントです。なかにはハローワークや求人誌などで探す方もいますが、60歳以上という年齢を考えたときには求人もほとんどありません。

60歳以上の求人の場合は年齢不問か、60歳以上の方も歓迎とかOKと記載されています。ハローワークや求人誌などの薬剤師求人には残念ながら、そのような求人情報はほとんど目にしません。やはり求人側の病院や薬局やドラッグストアにしても、若い薬剤師を求めているのは事実です。ただ諦める必要はなく薬剤師の需要は、60歳以上の方でもあります。

ただ急性期型病院の60歳以上の方の求人は、正社員での募集は少ないのが現実です。これは急性期型病院の場合は、入院患者さんがいるため残業や夜勤があるためです。しかし同じ病院でも療養型病院の場合は夜勤があっても、残業がないため60歳以上の方でもパートの求人はあります。

60歳以上の薬剤師求人がもっとも多いのは調剤薬局で、求人自体の数はけっして多くありませんが正社員での求人も、非常勤のパートの求人もあります。ただ僻地や離島の病院や調剤薬局の薬剤師の求人は、そのほとんどが年齢不問なので60歳以上の方でも応募できます。考え方によっては僻地や離島の病院や調剤薬局の場合は定年がないところも多いので、身体が健康であればいつまでも働くことができます。

あとドラッグストアですが夜間のパート募集には、年齢不問の求人を目にします。これは薬事の改正で管理薬剤師を各店舗ごとに配置することが義務付けられていますが、ドラッグストアの場合は調剤薬局とは違い営業時間が長いため人材の確保が難しいためです。そのため夜間だけのパートやアルバイトの求人に関しては60歳以上の薬剤師の方でも需要があります。

ただ転職エージェントで求人を見つける場合でもリクナビ薬剤師のような、薬剤師の求人に特化された転職エージェントでないと60歳以上の薬剤師の方の求人情報は極端に少ないのが現状です。

中高年・高齢者向けの薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料




Copyright (C) 2013-2017 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング All Rights Reserved.