薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 求人探しのFAQ >> 50代の薬剤師求人の見つけ方は?

50代の薬剤師求人の見つけ方は?

一般企業のサラリーマンの50代が転職をして次に仕事を見つける場合は、そのほとんどが勤めていた会社からリストラに遭って離職するケースがほとんどです。パナソニックやNECなどで何千人単位とリストラに遭って、会社を去っている多くが50代の社員です。ただ大手企業の場合はまだ早期退職制度に応じれば、退職金が割り増しされます。しかし多くの中小企業の場合は早期退職制度などほとんどなく配置転換や転勤や、なかには追い出し部屋など使った陰湿なリストラを実施しているところも存在します。

薬剤師の場合もそうですが転職をするときは、在職中に次の職場を見つけるのが大事なことです。そうしないかんたんに次の職場が見つかればいいのですが、思っていた以上に時間が掛かる可能性も考えられます。薬剤師が転職をする場合は一般のサラリーマンよりは、比較的に次の職場も見つかりやすいのは事実です。50代のサラリーマンの求人はそのほとんどが管理職で、このような時代ですからひとつの求人に対して何十人や何百人が応募してきます。

そしてその多くが1年以内には仕事が見つかると考えていますが、20%以上の50代のサラリーマンが転職先が見つかるまで1年以上も掛かっています。なかには2年経っても、3年経っても仕事が見つからない方もいます。さらに1年以内には仕事が見つかっても、前職よりも年収アップができたのは1割以下というアンケート調査もあります。

では50代の薬剤師求人の見つけ方は、如何のようにすれがいいのでしょうか。まずは他のサラリーマンと同様ですが勤めている病院や薬局やドラッグストアが、潰れない限りは在職したまま次の転職先を探すべきです。薬剤師の場合はサラリーマンと違って、ほとんどリストラなどありません。ただなかには仕事をしながら、転職活動を行うのが難しい方もいるかもしれません。

特に医師や看護師と比べると薬剤師は転職回数が少なく、いざ転職をしようと思ってもなにからやっていいのか、分からないという方も多いと思います。そんな薬剤師の方におすすしたいのが、転職サイトや転職エージェントです。それも薬剤師の求人だけに特化された、転職エージェントが1番いいと思います。転職サイトと転職エージェントの違いですが転職サイトは、年収や勤務地や働く条件などから検索するサイトのことです。

それに対して転職エージェントは専任のコンサルタントやアドバイザーが、転職希望者の要望を聞き仕事を斡旋する人材紹介サービスです。また同じ転職エージェントでもさまざまな職種を取り扱うところと、リクナビ薬剤師のような薬剤師の求人に特化された転職エージェントとあります。どちらがいいかは言うまでもありませんが、特に50代の薬剤師求人情報はリクナビ薬剤師のような大手のエージェントがおすすめです。

中高年・高齢者向けの薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料




Copyright (C) 2013-2017 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング All Rights Reserved.