薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 求人探しのFAQ >> 40代の薬剤師求人の見つけ方は?

40代の薬剤師求人の見つけ方は?

40代といえばもっとも働き盛りですが、民間企業で働く40代であれば課長職などの管理職です。課長職になれば部下を管理するマネジメント力も要求されながら、いちプレーヤーとしてもそれなりの業績も残さなければいけない難しい立場でもあります。また家庭でもまだ子供が中学校や高校に通学している世代で、住宅ローンなど家計もたいへんな年代です。

40代の薬剤師にとってもそれは同じで40代での転職は自分のキャリアアップと共に、どれだけ年収を挙げることができるかがポイントになります。たとえばこれまで病院で働いていて調剤薬局やドラッグストアに転職するとすれば、年収もこれまでと同じ程度は確保でき上手くいけば年収アップも望めるでしょう。つまり病院で働いている薬剤師の給与は、他の職場の薬剤師と比較してもけっして高くないからです。

ただ40代で他の職場に転職を決意するのは給与だけの問題ではないはずで、転職する理由もさまざまですがそのひとつに人間関係があります。病院で働く薬剤師は一緒に働く医師や看護師との良好な人間関係が欠かせなく、もし良好な人間関係が構築できなければ仕事を続けることが難しくなります。

また病院で働く薬剤師に求められる仕事の内容も、少しづつ変わりつつあります。これまでは病院内の調剤室で薬の調剤だけを行っていればよかったのですが、今は病棟に積極的に出向き入院している患者さんとのコミュニケーションが必要になっています。それだけ仕事の量も増え、仕事の内容も変化しています。

特に急性期型病院の場合は取り扱う医薬品の種類も多い上に、多くの病院では残業や夜勤などは他の医師や看護師と同様にあります。そのため年収がそれほど変わらない調剤薬局やドラッグストアであっても、残業や夜勤などがないため転職を考えたとしても不思議はありません。調剤薬局でも管理薬剤師であれば年収アップを目指すことも可能で、ドラッグストアでもそれは同じですがドラッグストアであれば年収アップの可能性はより高まります

調剤薬局やドラッグストアに勤めていて製薬会社や、他の調剤薬局やドラッグストアに転職する場合は如何でしょうか。まず製薬会社ですが調剤薬局やドラッグストアに比べると、求人そのものが少ないのが現状です。40代でも製薬会社への転職は可能ですが、調剤薬局やドラッグストアへの転職の方がより現実的だといえます。

では40代での薬剤師求人の見つけ方ですが地元のハローワークや、求人誌や新聞の求人広告などが考えられます。しかしいずれも40代という年齢を考えたときに、求人数も少なくあまりおすすめできません。その点では転職サイトや転職エージェントのほうが、求人情報も多くよりおすすめです。特にリクナビ薬剤師のような、薬剤師の求人に特化された転職エージェントのほうがさらにベターです。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング All Rights Reserved.