薬剤師求人<※中高年・高齢者向け転職エージェント>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 地域別の求人 >> 海外の中高年薬剤師の求人

海外の中高年薬剤師の求人

もし海外で働きたいと考えている中高年の薬剤師がいれば、思い切って海外移住を含めた転職にチャレンジしてみると良いかもしれません。その際は家族ビザが申請できますので、ご夫婦一緒で転勤する事が可能です。日本の技術職は世界でもトップランクにあると評価をされていて、その点では薬剤師のスキルも世界に通じる高いレベルとされています。ただし言葉や生活習慣の点から、日本人が海外へ転職をするケースはごく稀だと言わざるを得ません。また海外転職を希望する薬剤師にとっては、圧倒的な情報不足で困っている方もいる事でしょう。

そこで、まず心配になるのが薬剤師資格ではありませんか?海外では日本の薬剤師資格が通用するのかどうかを確かめておかなければいけません。結論から言いますと、基本的に移住する国の薬剤師資格を取得する必要があります。薬剤師の資格制度は、国ごとに独自に設定していますから、その国の薬事法などを勉強する必要があるのです。その国の薬剤師資格を取得して初めて働く事ができます。

とは言っても、日本人薬剤師の場合は既に修得した知識を現地語で答えるだけで大方済んでしまうケースになるでしょう。新たに修得しなければならない項目はごく限られているからです。オーソドックスな方法としては、現地の薬学部の学校に入学して薬学を学び直し、そして卒業してから国家試験を受けます。ただし、大学の入学試験では英語かその国の母国語で受けなければなりません。中高年の方にとって、言語習得から大学での学習、そして受験といくつかのハードルを飛び越えるのは大変な事ですから、その点はご自分で、体力や能力のあるなしをしっかりと判断しておきましょう。

海外でもタイなどの様に、現地に日本系病院がある場合は話が別です。この場合は、今持っている薬剤師資格で就職する事ができます。もちろんビザに関しても、病院がビジネスビザを取得してくれますから問題がありません。最近は年金生活者の方々が、海外へ移住して集団生活をするケースが増えてきました。そういった移住先には日本系の医療機関が設置されていますから、そこへ転職すると良いでしょう。特に中高年の薬剤師の方であれば、ご自分も彼ら移住者と共に日常生活を送れるというメリットが得られます。また処方する対象の方々が自分と年齢が近い事から、親身なケアをする面でも力を発揮できる事でしょう。海外に展開する日系病院も存在しますので、そうした病院への転職も選択肢に加えても良いかも知れません。

中高年・高齢者向け!転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料



TOP

求人探しのFAQ

地域別の中高年薬剤師の求人


Copyright (C) 2013-2018 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け転職エージェント>ランキング All Rights Reserved.