薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 地域別の求人 >> 京都の中高年薬剤師の求人

京都の中高年薬剤師の求人

京都には、薬学部がある大学が多数あります。京都大学、京都薬科大学、同支社女子大学、これらはすべて全国的にも有名な薬学部を擁している学校です。しかし、こんなにも多くの薬科大学がありながら、薬剤師の数は全国平均以下になっています。人口10万人に対し約230人、全国順位12位なので極端に少ないというわけではありませんが、薬科大学があるためこの数は非常に少ないといっても過言ではないでしょう。実際、薬科大学に進学し、薬剤師として活躍している人はわずか6%程度(2015年調べ)。調剤薬局の数も全国で43位と少ないですから、当然中高年の薬剤師にとって働きやすい環境とはいえません。

しかし、このような状況であることから、薬剤師としての需要は高くなっています。その理由は、やはり”薬剤師不足”が第一に挙げられます。そのため、一般的に少ないといわれている中高年の薬剤師求人も、比較的見つけやすいといわれています。中高年ならこれまでの経験を活かすことができますし、調剤薬局や老健施設などは中高年の薬剤師を必要としているところが多いので、管理職として再出発することができます。また薬科大学がある地域は比較的収入が低いといわれていますが、京都に至っては薬剤師が少ないため、高収入・好待遇も期待できるでしょう。なかには、600万円以上の年収を得ている中高年の薬剤師もいます。『中高年だから…』と諦めてしまう方も少なくないと思いますが、薬剤師は国家資格ですし、非常に専門性が高い職種です。豊富な実務経験を活かせる場所はたくさんありますので、ぜひチャレンジしてみてください。必要としている求人は見つかるでしょう。

ちなみに、中高年といっても幅広いので、それぞれの年齢によって薬剤師求人の見つけ方は異なります。40代であれば、まだまだキャリアアップすることが可能ですし、求人も比較的多いでしょう。実際、調剤薬局やドラッグストアなどで活躍している40代は少なくありません。50代から再就職するのは大変ですが、薬剤師の場合『管理職』という手段があります。老健施設は派遣やパートなど中高年の薬剤師を必要としているところが多いのでチェックしてみてください。60代以上になると、40代・50代に比べると求人の数は一気に減ります。というのも、ほとんどのところが65歳を定年退職としているからです。ですから、再就職をするなら65歳以上でも働ける場所を選ぶのがポイントです。『年齢不問』『60歳以上歓迎』と書かれている求人であれば応募しやすいでしょう。

中高年・高齢者向けの薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料




Copyright (C) 2013-2017 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング All Rights Reserved.