薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 地域別の求人 >> 高知の中高年薬剤師の求人

高知の中高年薬剤師の求人

高知県には多くの薬剤師がいます。その数は、人口10万人に対し約230人と、全国で11位です。そのため、中高年でも薬剤師として活躍することができます。実は四国地方では、高知県だけでなく他の県でも薬剤師が多いといわれています。その数は徳島に次いで多いといわれていますから、薬剤師が不足しているということはありません。

一般的に、薬剤師が多い地域は薬剤師の需要が低く、『勤務先が決まらない』というデメリットがあります。それなのに中高年の薬剤師が活躍できるといわれているのは、求人の数が多いからです。ですから、転職を考えている方には恵まれたエリアといえます。なかでも、調剤薬局や老健施設は、中高年が働きやすいといわれています。それは、これらの勤務先が薬剤師としての高い経験が求められるからです。老健施設に至っては劇薬を取り扱うことも多いですから、薬剤師としての経験がほとんどない場合、どうしても気負いしてしまいます。しかし経験が豊富な中高年であればこれまでの経験をしっかり生かすことができます。高知では病院や診療所の求人が特に目立ちますが、その他の医療機関も充実していますので、中高年でも薬剤師として十分活躍することができるでしょう。

ただ気になるのが年収です。薬剤師の年収は、40代・50代でピークになり徐々に低下するといわれています。また高知のように薬剤師の数が多い地域では、全体的に年収が低く設定されているため、なかなか高収入は期待できません。年収が高くなる条件(都会ではない・薬学部の大学がない・高齢化が進んでいる)があるにもかかわらず年収が低いというのはマイナスに取られやすいですが、都市部から離れると、ある程度平均的な年収を受け取ることができます。たとえば南国市や四万十市などは、年収500万円〜700万円のところも見られます。600万円以上の年収も期待できますから、都市部にこだわらなければ中高年の薬剤師でも十分高収入を得ることができるでしょう。また待遇も、都市部以外が良い条件が揃っているといわれています。

中高年からの再就職は20代や30代の薬剤師に比べると大変ですが、薬剤師は国家資格で非常に専門性が高い職種です。近年は中高年の薬剤師を求めているところも増えていますから、再チャレンジのチャンスはいくらでもあるでしょう。また、薬剤師には調剤薬局や病院、診療所以外にも製薬会社やドラッグストア、治験起業などさまざまなジャンルがあります。年齢制限のあるところもありますが、それでも他の職種に比べると中高年でも働きやすいといえるでしょう。

中高年・高齢者向けの薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料




Copyright (C) 2013-2017 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング All Rights Reserved.