薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング

薬剤師求人中高年TOP >> 地域別の求人 >> 鹿児島の中高年薬剤師の求人

鹿児島の中高年薬剤師の求人

九州地方は全体的に人口が少なく、薬剤師の数も地域によって大きく差があります。鹿児島は、薬剤師総数が約180人。全国でいうと40位になります。見るからに薬剤師が不足しているのが分かります。しかしその反面、病院や診療所の数は多く、薬剤師を補うために多くの求人が出されています。ですから、薬剤師の需要は非常に高い地域といえるでしょう。薬剤師が少ないと、『転職する価値はないのでは?』『年収や待遇などが心配』という声が多いですが、薬剤師に至ってはむしろその逆で、不足している地域ほど年収や待遇が良いことが多く、転職するメリットが高いといわれています。ですから、鹿児島は十分薬剤師として活躍できる地域といえます。

では、中高年薬剤師の場合はどうでしょうか?薬剤師といっても年齢は幅広いでしょう。20代〜60代まで活躍しており、専門性が高い資格であることから、中高年薬剤師でも活躍できるといわれています。ほとんどの職種は、中高年の再就職が厳しいといわれていますが、薬剤師の場合は”中高年でもしっかり稼げる”のが特徴です。ただ20代や30代の薬剤師に比べると求人の数は減りますから、あまり細かい条件を求めてしまうと失敗してしまう恐れがあります。

ちなみに、冒頭でも述べたとおり鹿児島は薬剤師の数が不足しているものの、病院や診療所の数は全国平均より上回っていますから、勤務先を選ばないとなかなか応募先が見つからないということになり兼ねません。オススメは調剤薬局やドラッグストア、老健施設などです。製薬会社や治験企業などは求人が少ないため、なかなか希望の場所を見つけることができません。調剤薬局やドラッグストアは、全国的にどこも求人が多いですし、中高年薬剤師でも働きやすいというメリットがあります。老健施設はひとつの施設に1〜2人の薬剤師と大変ですが、実務経験が長い中高年薬剤師にとっては非常にやりがいを感じることができるでしょう。スキルアップにも繋がりますので、オススメの勤務先といえます。

年収に関してですが、残念ながら高いとはいえません。全国平均553万円に対し、鹿児島は490万円程度。しかし年収が低いのはほとんどが都市部の求人ですから、都市部から離れるとある程度高年収が期待できます。たとえば霧島市や薩摩川内市などは、調剤薬局で400万円〜600万円程度。なかには600万円以上の求人もあります。ドラッグストアも比較的高収入ですから、しっかり稼ぐことができるでしょう。

中高年・高齢者向けの薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 お勧め度 利用料金
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料




Copyright (C) 2013-2017 薬剤師求人<※中高年・高齢者向け>ランキング All Rights Reserved.